参加・研究発表の申込は以下の手順でお願いします。
学術集会は、本学会の会員でなくても参加申込できます。

1.マイページ作成

参加申込・研究発表申込には本大会専用メンバーアカウントの登録が必要です。
注)大会専用アカウント登録に際しては、必ずjafn.jpからのメールが受け取れるようにフィルタリングなど調整してからご利用ください。
登録いただくとマイページから参加申込、研究発表申込、参加費のオンライン決済(カード)、抄録原稿投稿が可能となります。

》大会アカウント発行(マイページ取得)はこちらから

2.マイページログイン

各自登録したIDとPWを使って、マイページにログインし、参加申込から順にお手続きください。

》マイページログインはこちらから

 

学術集会開催までの主な申し込みの締め切り

  • 研究発表、実践報告の申し込み・抄録締め切り ・・・ 7月31日(日)
    *発表を予定している方は、7月31日までに学術集会参加登録もお願いします。
  • 学術集会参加の申し込み締め切り・・・ 10月31日(月)
    *オンデマンド配信のみご利用の方も参加費は同じです。
    *8月23日(火)以降にお申込の場合は、カード決済で参加費をお支払いください。

参加費振込先:オンライン決済(カード)されない方は以下の口座に参加費等をお振り込みください。

参加費をオンライン決済せず銀行振込される場合は以下の口座にお振り込みをお願いします。
お振込みの期限は、勝手ながら8月22日(月)とさせていただきます。
期限後にお振込みの場合は、ご一報くださいますようお願いいたします。

銀行名:みずほ銀行  金融機関コード:0001
支店名:高砂支店 店番号:352
口座種別:普通口座
口座番号:2116288
口座名義:日本フォレンジック看護学会

3.研究発表、実践報告申込

発表者の資格

筆頭演者および共同研究者全員が本学会会員であること。
*共同研究者の氏名を抄録集に掲載される場合には、筆頭者は共同研究者が本学会の正会員であり、当年度の会費を納入していることを確認願います。

筆頭演者と共同研究者合わせて10名、10施設まで登録できます。

演題応募方法

演題応募は、演題登録システムを利用したオンライン登録のみです。
演題受付期間内に、マイページから演題のオンライン登録を行ってください。

演題受付期間:2022年5月1日~7月31日

抄録作成時の注意事項

  1. 演題名は内容を適切に表現する。
    *全角50字まで登録できます。
  2. 研究目的を明確に記載する。
  3. 研究方法に、対象、データ収集方法、分析方法を記載する。
  4. 結果は研究目的に沿って記載する。
  5. 考察・結論は結果に基づいて記載する。
  6. 研究倫理について
    1) 研究倫理委員会の承認を記載する
    2) 倫理審査を受けていない場合は、以下の点に関して配慮している旨記載する
     (1) 対象者に研究目的・データ収集の方法について説明している
     (2) 対象者から同意が得られている
     (3) 対象者から結果の公表について承諾を得ている
     (4) 対象者の負担や不利益に対する配慮をしている
    3) 発表用のスライド等作成時にも、研究対象者や研究協力施設の情報が特定されないように配慮して記載する
  7. 登録する演題は、他の学術誌、他の学会には投稿していない。
  8. 利益相反の有無について記載する。

抄録作成用のフォーマット

演題区分は、研究報告と実践報告です。
それぞれにフォーマットを用意しましたのでご利用ください。

📝研究報告用フォーマット

📝実践報告用フォーマット

  • 抄録文字数は、800字程度で登録する。
  • 倫理的配慮、利益相反についても記載する。
  • 図表や写真も本文内に含める。

発表形式

①基本は会場での口頭発表になります。
②当日会場参加できない場合はZoomを利用したオンライン発表となります。
③上記①、②が難しい場合は、事前に作成した動画を、会場で配信します。
 動画はZoom録画、パワーポイント等で作成してください。
 動画の保存ファイル形式は、mp4 でお願いします。
その他、詳細は抄録受付時にお知らせします。

  • 発表(動画)時間7分。会場での質疑応答は3分です。
  • オンデマンド配信期間は、9月12日~10月31日です。
    一般口演は発表当日に録画し、上記日程で配信予定です。
  • 資料の配布について
    当日配布資料がある場合には、ご自身でご準備ください。
    オンデマンド配信時のダウンロード配布はいたしません。

査読について

  1. 査読は、以下の観点で行います。
    1) 学術集会演題として相応しいテーマとなっているか
    2) 倫理的な問題がないか
    3) 目的、方法、結果、考察が記載され、研究発表として一貫性のある内容となっているか
  2. 査読結果は、2022年7月ごろを目安に筆頭演者へご連絡します。
  3. 演題採択後は、筆頭演者、共同演者の所属のみ修正できます。

発表時の資料作成について

  1. 演題登録し、査読結果「採択」となりましたら、発表資料を以下の作成要領を参照して作成してください。
  2. 発表用スライド作成要領
    1) スライドのサイズは、標準(4:3)、ワイド画面(16:9)のどちらでも対応可能ですが、ワイド画面を推奨致します。
    2) OS標準フォントをご使用ください。
    【日本語】MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝、メイリオ、游ゴシック、游明朝
    【英語】Times New Roman, Arial, Arial Black, Arial Narrow, Century, Century Gothic, Courier, Courier New, Georgia
    *MacのOsakaフォントは文字ずれ・文字化けする場合がありますので注意してください。
    3) 発表スライド枚数は、6~15枚程度を目安にしてください。発表時間は7分です。
    4) スライドの構成は、抄録作成要項に沿い、背景、目的、方法、結果、考察、結論、(謝辞)の順でお願いします。
    5) 画面切り替えアニメーション、ページ内アニメーション、発表者ツール・ノートは使用できます。
    6) 「非表示スライド」に設定されているスライドをご使用にならない場合は削除してください。
    7) 利益相反(Conflict of Interest)について
    ✧ 一般演題(口演)と企画プログラム(各種講演、シンポジウム、フォーラム、研修会)の発表者は、発表内容が利益相反に該当するか、発表者(共同演者を含む)1人ひとりの利益相反状態の有無を「日本フォレンジック看護学会 利益相反に関する規程」を参考にして判断してください。
    ✧ 誰も該当しない場合には「なし」、1人でも該当する場合には「あり」として、発表する際には、利益相反状態の開示をタイトルの次のスライドにお願いします。
    ✧ 利益相反のあり、なしで以下のスライドをご使用下さい
       📝利益相反なし スライド
       📝利益相反あり スライド
    8) 研究倫理について
    倫理的な配慮が必要な発表については、その対応をご記載ください。

個人情報の取り扱いについて

 本学会の演題登録で収集した個人情報は、事務局からの問い合わせや発表の連絡で使用します。
 また、演題抄録は、抄録集に掲載します。
 本学術集会以外の目的で使用することはありません。
 登録された情報が外部に漏洩しないように、本学術集会事務局にて管理致します。

その他、ご不明な点は大会事務局までメールでお問い合わせください。
e-mail : 9th-tokyo@jafn.jp